イベント
イベント案内
イベント風景
家づくりプラン集
家づくりプラン集[一覧]
野坂の家
ムクの香りと温もりが心地よい家造り
伝統構法による木造住宅
横瀬の家
あたたかさ感じる杉材の住まい
自然住宅・・・木の家に癒されて住む
透明感のある家
秩父材で住みよい和風建築を造る
木の存在ただようこだわりの住まい
秩父の木材で健康住宅造り
漆喰と無垢の木の家
健康住宅ホームウェルウッドハウス
木材の基礎知識
木材の特性と魅力
木材への疑問
秩父の木を使って家を造ると
組織紹介
愛称名は「もくりかく」
わたしたちの活動
会員
リンク集
リンク

当サイトのリンクは
ご自由にお張りください。

木材の基礎知識

木材の特性と魅力

木材への疑問

秩父の木を使って家を造ると


木材の特性と魅力

1.室内の湿度を調節します

 木材は、周囲の湿度の変化に応じて湿気を吸放出し、室内の湿度を安定させる働きがあります。
 内装に木材を使うことで、その調湿機能を活かし、電気などのエネルギーを消費することなく、室内の湿度を快適な状態に保つことができます。

 

2.ダニの繁殖を抑えます

 室内の床を畳やカーペット敷からフローリングにリフォームすると、ダニの生息数が減少することが報告されています。
 これは、木材による調湿効果のほか、住みかとなるすき間がなくなるとともに、餌となるゴミも掃除しやすくなり、ダニの生育環境に適さないことが理由だと考えられます。

 

3.熱を伝えにくく、暖かい手触りを与えます

 木材は、優れた断熱材です。
 火にかけて熱くなるフライパンや鍋の柄として利用されています。
 また、木材は触れてもそこから奪われる熱が少ないので、金属やコンクリートと較べて、手触りが暖かく感じられます。

 

4.衝撃を吸収します

 木の床は、部分的なたわみにより衝撃を吸収する働きがあり、腰への負担を軽くし、快適な歩き心地を作り出します。
 また、木材は転倒したときの衝撃を和らげることができるので、福祉施設などの内装にも積極的に利用されています。

 

5.光を適度に散乱し、目に自然な感じを与えます

 木材は、身体に有害な紫外線を吸収する一方で、温かみを感じさせる赤外線を反射します。
 また、表面の微細な凹凸が光を適度に散乱させ、まぶしさを抑えます。
 そのほか、木目は、見る人に自然で心地よい刺激を与えます。

 

6.音を適度に吸収し、音をまろやかにします

 音楽ホールの内装や楽器に木材がよく使われているように、木材の共振・共鳴作用をうまく利用することにより、音を適度に吸収させたり、心地よい音質に変えたりすることができます。

 

7.木の香りが、気持ちを落ち着かせます

 木材には、樹種によって独特の香りがあり、それを総称してフィトンチッドと呼んでいます。
 そして、森林の中に入りフィトンチッドに触れることが「森林浴」です。
 フィトンチッドには、気持ちをリフレッシュさせる働きがあります。ヒノキ風呂はその香りが一日の疲れをほぐしてくれますし、升酒は酒のうま味を引き立ててくれます。

 

8.繰り返し生産できる資源です

 木材は、森林から伐り出しても、また植林して適切に管理することによって再生産可能な優れた資源です。
 また、木材は、再利用やリサイクルがしやすく、循環型社会の構築にふさわしい材料です。

 

9.二酸化炭素を長期間貯蔵することができます

 森林は、大気中の二酸化炭素を取り込んで、木材をつくります。
 その木材を建築物として利用すれば、二酸化炭素(炭素)を長期間にわたり木材の中に貯蔵し、環境に放出させないことになります。

 

10.製造時の消費エネルギーが小さい材料です

 木材は、コンクリートや鉄、アルミニウムなどと比べて、製造時に消費されるエネルギーが小さい建築材料です。
 また、鉄やアルミニウムは製造時に大量の二酸化炭素(炭素)を放出するばかりでなく、木材のように製品の中に炭素を貯蔵することもできません。

 

木材への疑問

1.木材は弱いのか?

 木材は、同じ重さで比較すると、引っ張りの力に対しては鉄の約4倍、圧縮の力に対してはコンクリートの約10倍の強さがあります。
 また、鉄やコンクリートは、木材より耐久性があると思われがちですが、鉄は錆びて弱くなり、コンクリートも中性化が進んでしだいに劣化します。
 巨大な屋根を支える木材(所沢市民体育館)

 

2.木材は燃えやすいのか?

 一般に木は燃えやすいと思われていますが、丸太など太い木材は、燃えて表面に炭化層ができると、それ以上燃えにくくなります。
 また、火災のとき鉄骨は高温で柔らかくなり、急激に強度が低下しますが、木材は柔らかくなることはありませんし、有毒ガスも発生しません。

 

3.木材は腐りやすいのか?

 木が腐るのは、腐朽菌が木材を栄養として分解することが主な原因です。
 この腐朽菌は生物ですから、木材への水分の供給を絶つことにより、腐朽菌の活動を抑えることが可能です。
 木材を乾いた状態で使用していれば、腐りにくく、驚くほど長く使用することができます。
 世界最古の木造建築物である法隆寺五重の塔のヒノキの柱は、今でもしっかりと建物を支えています。
 また、古民家も、囲炉裏の熱や煙が柱や梁の乾燥や防腐効果を高め、建物を長持ちさせてきました。解体されてもなお強度を十分に保った木材は、新しい建物に再利用させることも少なくありません。
 秩父神社本殿(秩父市)1592年再建

 

4.木材は割れたり、寸法が狂いやすいのか?

 木材は、含水率が30%以下になると強度が増加します。
 含水率が15〜20%となるまで乾燥させてから利用することで、寸法の狂いがなく、強度の高い木材とすることができます。

 

秩父の木を使って家を造ると

1.本物の木の家ができます

 木材は同じ樹種でも産地によって性質が異なり、昔から、家はその風土で育った木を使うのが一番良いと言われています。
 秩父の風土で育った木を長年扱かってきた地元の設計者や工務店等が手がけることにより、秩父の木の良さを引き出すことができます。

 

2.顔の見える家づくりができます

 普段目にしている山々の森林から切り出され、地元で製材された木材を使えば、より安心でき、愛着も湧きます。
 また、木を育てた人、切り出した人、製材した人の顔を見ることができます。

 

3.秩父の森林が元気になります

 秩父の木を使うと、秩父の山々に活気が出て、森林の整備が進み森林が元気になります。
 森林が元気になれば、おいしい水や空気を生み出したり土砂崩れを防いだり、暮らしやすい秩父の環境づくりに貢献します。

 

4.秩父の木は丈夫です

 秩父の木は、ほかの地域の木と比べて強度の面で優れているといわれています。
 秩父材を使えば、丈夫で長持ちする家を作ることができるでしょう。